読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書のまとめ:中国古典からもらった不思議な力 北尾吉孝

中国古典からもらった不思議な力 北尾吉孝


1章 絶対うまくいく この自信はどこから生まれるか
ハード(科学的経営)とソフト(倫理的価値観)の両方を重視する企業は、自らを変革しながら繁栄し続けることができる
自らを反りみて縮くんば、千万人と雖も、吾往かん   孔子孟子
人生をより楽しく充実して送るための四代テーマ
①運を強くすること
②人生を心豊かに楽しくしていくこと
③リーダーに求められる資質を学ぶ
④仕事を成功させる知恵

2章 いい仕事がしたければ自分で運を強くしろ
天運と人運→努力と生き方で人運を変える
天命と宿命→宿命は相対的なもので、人間の力で切り開いていけるもの
努力で運命を自分の望む方向へ変える→立命

継続は力なり(たゆまぬ努力) 二つ
①何事も当事者になって考えてみる→当事者意識をもちつつ多面的な角度から考える
②いかにして他を利するか→利他の心
一国は一人を以って興り、一人を以って亡ぶ

あえて自らを崖っぷちに追い込む
冬日の閉凍や固からずば、則ち春夏の草木を長ずるや茂からず  韓非子
艱難、汝を玉にす

湯の盤の銘に曰く、荀(まこと)日に新たにして、日日に新たに、又日に新たなり(大学より引用) 殷王朝の創始者 湯王は沐浴する器に刻みつけて、毎日反省・前進し続けた
帰ってきて Have I done my best?
行く時の I'll do my best!

3章 何をやるか、どうやるか  人生の五計
人生を豊かにする大事なこと3つ
1. 五計を立てる
2. 天命を悟る
3. 仕事を愉しむ

1. 五計を立てる
①生計 どうやって健康を獲得するか
②身計 人生をとう処世していくか 処世術
→徳と縁、特に徳の中の礼 ex 挨拶
礼を学ばざれば、以って立つことなし 論語
③家計 どんな家庭を築くか
④老計 どのように年をとるか
年齢や功績にあった生き方をする
功遂げ身退くは天の道なり→権力に固執するな
⑤死計 どんな死を迎えるか
新年に家族関係者に向けた遺書を作成 奥田碩

2. 天命を悟る
天を楽しみ、命を知る、故に憂えず 
易経より引用→諦念の一種

人の運命は棺蓋うて後に定む

蔣介石が尊敬していた曾国藩
人生、冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、もって大事為すべし
冷遇、苦労、煩雑なこと、逆境

3. 仕事を愉しむ
どんな時も前向きになれるキーワード2つ
一. 之を知る者は之を好む者に如かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず  論語 
知る<<好き<<楽しむ
二. 死生命有り、富貴天に在り  論語
生きるか死ぬか、金持ちになるかどうかは天次第

4章 人を動かす養成塾
リーダーになるために不可欠な資質八個
1. 誠実さ
巧詐は拙誠に如かず 韓非子
嘘をつかない、言ったことはやる、知らないものは知らない→中途半端なことを言わない

2. 時代を予見する先見性
百歩先を見る者は狂人扱いを受け、現状のみを見る者は落伍する、十歩先を見る者のみ成功する 小林一三

3. 人材を見抜く力
視・観・察
視 その人の行動を観察すること
観 その人の行動の動機を調べること
察 その人が行為に満足している程度を計ること

4. 人を集める度量の大きさ
己の好みに合う者のみ用うなかれ  
用うるにはそのことを十分に委すべし
→任用、信用

5. 褒めること
やってみせ、言って聞かせて、やらせてみせて、褒めてやらなきゃ人は動かず 山本五十六

天網恢恢 疎にして漏らさず 

天知る、神知る、我知る、子知る、何ぞ知ることなしという  後漢書 楊震
→神の存在を信じ、神を畏れることが大事、つまり自分以上の存在を信じることで自分を律することができる

6. 洞察力
聖人は微を見て以って明を知り、端を見て以って末を知る  韓非子
進言する場合は直諫より諷諫
→至言は耳にさからいて心に倒る。賢聖に、あらずばよく聴くなし  韓非子

7. 胆識
知識、見識、胆識の中の1つ
見識、知識を活かす行動力・実行力
→ぐらつかない心
仁者は必ず勇あり。勇者は必ずしも仁あらず 論語

8. 思考
一. 長期的な思考 短期的な利害に囚われない
二. 多面的思考 古典・歴史に学ぶ
三. 根本的思考=大局的思考 
着眼は大局、着手は小局

4章のまとめ
完璧はない、人を惹きつける魅力(人望と徳)持つ→自分の不足を補ってもらう

5章 我に三策あり  1+1を5にする私の仕事術
仕事を成功させるための知恵 中国古典からの10項目
①徳
知育<<徳育
徳は事業の基なり。いまだ基の固からずして、棟宇の堅久なるものはあらず  菜根譚

②義  (利の元は義)
君子は義に喩り、小人は利に喩る
不義にして富み且つ貴きは、我に於て浮雲の如し  論語  
渋沢栄一の糟粕
利の元は義  →現実に結果を求められたら?
やっている仕事に自信があるなら、効率的に仕事をすることを考える
→その目標を効率的に達成出来るよう知恵と工夫と努力をする
→数字に追われるのではなく、目標達成のため戦略・戦術、工夫、仕掛けを考える
→やるべきことは知恵と工夫と努力

③高い志を持つこと
野心と志を履き違えない
自分一代で終わる:野心、次の代に引き継がれる
志有る者は事竟になる
志易ければ足りやすく、足りやすければ進むなし  後漢書
ミッション=経営理念 :長期的で普遍的なもの
→トップや時代が変わっても不便なもの
ビジョン:中期的でリーダーや時代が変われば変わる

④ゆったりと落ち着いた心で常に視野を「高く広く」持つ
澹泊に非ざれば、以って志を明らかにするなく、寧静に非ざれば、以って遠きを致すなし  諸葛亮孔明 

⑤分を知る
→やる気と欲のバランス
足るを知れば辱められず、止まるを知れば殆うからず  老師
人は自ら足るに止まることを能わずして亡ぶ

止足の戒
自利はあって当然、これを認めて減らす努力をし、利他の部分を意識して作る
また、公私の区別をつける

⑥進むだけでなく退くことも考える
一利を興すは一害を除くに若かず、一事を生ずるは一事を除くに若かず  十八史略 耶律楚材
企業買収は完了後も努力が必要、企業風土・文化が違っているため摩擦が必ず生じる
→結婚式を挙げても幸せな結婚生活は約束されない

⑦直感力を磨くために何をするか
熟慮と気概を持って取り組む
為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり  細井平洲
ただし変化の激しい現在は考えて動くのではなく、考えながら動く
→直感力が大事なので鍛える
Ex) 新商品を見たら、売れるかどうかを考える
人を見て使えるかどうか考えて、後日追跡調査する

⑧目標と実績を常に同じにする
刑名参同(刑:実績、名:本人の申告)
努力目標は持たない
目標は常に高いところに置いておく、低い目標を持てばそれに合わせて実績作りをするので持たない方が良い
最大限の目標を課して、戦略・戦術、知恵・工夫、努力を駆使して達する→そこにせいこと進歩がある

⑨1+1が5になる関係をつくる
天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず  孟子
敵対的買収→1+1が2以下になることもある
楽しい思い出より苦しい場面を乗り切ったことのほうが良く覚えている、人の和は逆境に生まれ、楽しい思い出は雲散霧消しやすい

⑩常に三策を持つ

五章のまとめ
どんな会社もステークホルダー、利害関係者に支えられている 株主、お客さん、役員、従業員、地域社会、取引先など
これら利害関係者と1つの方向性を持てる価値観を持ち、それらの人々を巻き込んで一緒に動いた時に仕事はものすごく大きな成功に繋がる
→会社や仕事の収益性、成長性だけを考えない、社会性とバランス取って1つの方向性に持っていく
これらを行うのはすべて人、会社としてみれぼ会社の徳積みが求められる
強い会社でなく、強くて尊敬される会社を目指す

最近のまとめ

メルカリ社長

朝起きたらやることは決めてる
できるだけルーティン化して脳みそを眠らせる


Dr.苫米地
過去にとらわれない
今がベスト ベストな選択をした結果の今がある
達成したい目標をたて、その世界を日々実感し続ける


まとめ(今やる人になる40の習慣 著者:林修

やる事、やりたいことを書き出す
失敗は明確に記録する、今色に染めて考える前に

熱い思いはそれほど持続しない
やらない理由、言い訳探しはみんな天才的

食事も人間も偏食しないこと成長に必要

好き嫌いではなく、善悪で考える
心の座標軸で客観的に自己確認する習慣を持つ
運がいい人は運を逃さない配慮をした人

最近のまとめ

◼︎人を生かす 稲盛和夫さん

・現場で感じて経営を考える

→現場の無駄を徹底的に省く
・細かいと社員に言われようと、経営理念に基づき徹底する

・人の心はうつろいやすい

チヤホヤは小善=大悪、厳しく教える=大善

◼︎山崎元さん
お金は自由を拡大する手段
お金そのものは目的ではない
必要なものには淡々と使う

◼︎人は見かけが9割
・相性は思い込みだったりするから意識的に共通点を探し、関係が好転することがある
・マナーにも存在する理由があり、相手のことを考え、重んじれば自然と身につく
観阿弥 世阿弥足利義満の能役者)
目前心後 我見と離見
・人に会う→1つの尊い命に会う
・本音と建て前の建て前を取る
→現在と未来の現在を取って未来を見ないことへの懸念
・決断時には心の座標軸を使う
座標軸はその人の価値判断の基準
会社は1つの生命体として躍動する必要あり
雇われ根性の人ばかり集めるな
社長とは企業に命を吹き込まなければならない


最近のまとめ

◼︎人を生かす 稲盛和夫さん

・現場で感じて経営を考える

→現場の無駄を徹底的に省く
・細かいと社員に言われようと、経営理念に基づき徹底する

・人の心はうつろいやすい

チヤホヤは小善=大悪、厳しく教える=大善

◼︎山崎元さん
お金は自由を拡大する手段
お金そのものは目的ではない
必要なものには淡々と使う

◼︎人は見かけが9割
・相性は思い込みだったりするから意識的に共通点を探し、関係が好転することがある
・マナーにも存在する理由があり、相手のことを考え、重んじれば自然と身につく
観阿弥 世阿弥足利義満の能役者)
目前心後 我見と離見
・人に会う→1つの尊い命に会う
・本音と建て前の建て前を取る
→現在と未来の現在を取って未来を見ないことへの懸念
・決断時には心の座標軸を使う
座標軸はその人の価値判断の基準
会社は1つの生命体として躍動する必要あり
雇われ根性の人ばかり集めるな
社長とは企業に命を吹き込まなければならない


牛スジ→アク抜きと煮こぼし
①沸騰したお湯に牛スジ投入→アクを取る
②牛スジを取り出し軽く洗いカットする
③圧力鍋を使って10分煮る
おわり

豚レバーの下処理
300gに対して塩 小さじ2杯、酢 大さじ1杯半を揉み込む→水で数回洗い流して完了
終わり

豚肉のコンフィ
①油温120°で30秒揚げて表面を固める
②裏返して30秒揚げたら油温70°で6分揚げる
③裏返して6分揚げる→終わり
コラーゲンの影響で肉は65°から硬くなる

風水


風水 バランスが大事
■玄関 八角の鏡、玄関マット(赤◎)
盛り塩2ヶ所(毎週入れ替え)
段ボールおかない
照明つける
表札つける
花→毎時水の入れ替え
靴を戻す
■toilet
盛り塩 一ヶ月
花、
蓋をしめる
■洗面所
鏡、洗面台はこまめに掃除しピカピカに
古いものは捨てる
■風呂場
水垢に注意
椅子はこまめに洗いカビ防止
バスグッズ
■キッチン
キッチンアイテムは赤、黒は🆖
コンロの油汚れはこまめに掃除
財布、金属はおかない
惣菜は皿に移す
包丁の歯はみせない
角張ったものは🆖
食卓の上はキレイにし雑誌等は置かない
■リビング
テレビのホコリ
◎観葉植物、絵画、人の写真を飾る
ソファーの上にはなにも置かない
黒は🆖、ワンポイントで赤が◎
窓、網戸の掃除
リビングで食事、仕事はしなあ
■寝室
◎北枕
ベッドメイキングする
枕元にはなにも置かない
鏡に寝姿を写さない
ベッド下に不要物を置かない
■廊下、階段、壁
絵画、果物、観葉植物で気にパワーを
壁の掃除
■収納
詰め込みすぎない
夏物冬物を分ける、ごちゃ混ぜにしなあ
三年以上着てないものは捨てる
押し入れの湿気対策
■オフィス
URLの整理
毎朝、一フキの習慣
バッグはキレイに、余裕の空間を作る
古い仕事、新しい仕事を分ける
■行動
物事の切り替え、メリハリをつける
たまにはご馳走を食べる
バッグは地面に置かない
いつも同じ格好をしない
×買いだめ→欲は必要だが欲張りすぎダメ
鏡をキレイにする
柑橘類を食べる
アロエ

読書のまとめ:アドラーに学ぶ部下育成の心理学

アドラーに学ぶ部下育成の心理学


プロローグ
ほめない、叱らない、教えない
5つのキーワード劣等感と優越・勇気づけ・共同体感覚・結末を体験させる・課題の分離

第1章 ほめてはいけない
ほめる行為は上下関係と期待していない状態から生じる
コントロールしようとせずに勇気づける
ほめる:上から目線で結果に言及
→他人が動力源となり自立・自律しない
勇気づけ:同じ目線でプロセスに言及
→自発的に行動する

第2章 叱ってはいけない
部下の間違いは放置しない 叱らず(相手のやり方を否定せず)に勇気づけする方法→
①主観伝達と質問
②誘い水 ジャブジャブあげすぎないように注意 基本は主観伝達と質問を繰返し相手を引き出す
③ユーでなくアイメッセージ
あなはこうしなければならない ではなく
私だったらこうするな →勇気づけが簡単になる
2次感情を一次感情に置き換える→怒るのではなく寂しいよ などと伝える
④犯人捜し(原因分析)せずソリューションフォーカス(問題解決)する
士気が下がらず、いろんなアイデアを出せる

⑤フィードバックでなくフィードフォワード
フィードバック 5段階の伝え方
1. 事実 チャックが開いて
2. 主観 変だよ
3. 評価 だらしないな
4. 提案 閉めたらどう? 5. 命令 閉めろ

予測 チャックの閉め忘れが多いみたいだよ

第3章 教えてはいけない

①指示をするから指示待ちになる
ティーチングでなくコーチンコーチングとほめない・叱らない・勇気づけを組み合わせる
②基本形はホワイトスペースと支援応需
whatを部下と設定しhowは部下に委ねてホワイトスペースを作り、部下が自発的に埋める
→全まかせが不安なら誘い水で事前に誘い水でフィードフォワードする or 支援応需
③定例面談の場を設ける、が取り調べ尋問(上司が主役)はせず、部下が自由に話す場にする
④どうすればいいですか?には あなたはどうしたいの?と返す ただしどうすべき?とは聞かない→答え探しを部下がやるから
⑤部下へのリソース補給
1. 経験のリソース
2. 視点のリソース 自社→顧客視点 短期→長期視点
3. 枠組みのリソース 予算・時間・前例なしなどの枠を取り払ってアイデアを出す

第4章 自然の結末を体験させる
①人は経験から学ぶ 歴史から学ぶ
先回りして失敗を防いではいけない
→学び取るチャンスを与える ex)子供が自転車に乗れるよう支えている荷台の手を離す勇気

②自然の結果とは何か?
忘れ物をよくする子供に対して 叱らず 先回りして教えず 何も言わない→発生する結果を子供が気付くのを待つ
放っておくのは冷たい仕打ちでなく相互尊敬 相互信頼の関係
迷惑が掛かっても放っておく 周囲に気にしないようお願いする 遅刻者いても会議は定刻に開始

③嫌味は言わない
変化は事前告知する

④成功を増やすために失敗を増やす
確率を上げなくても良い、チャレンジして分母を増やして分子も増やす

⑤信用でなく信頼を重んじる
担保がなくても相手を信じる
ピグマリオン効果(正)とゴーレム効果(負)

第5章 論理的結末を体験させる
①食事に遅れてきたら
事前に食事に遅刻したらご飯はないと約束→サラリと夕食を出さない、泣きの一回はない ここで与えると泣けば許されると教えてしまう

②嫌味や叱責は罰になる
嫌味や叱責すると子供は罰と感じて母を恨む
サラリと夕食なしと言って論理的結末を体験させる  (明るくさっぱり 短く 共感し伝える)
このきづかせる機会を邪魔しない(相手を尊重する)→相手に気づかせるのはコントロール

③関連のない結末も罰になる
遅刻の結果を食事なしでなく部屋の掃除にすると合理性 関係性がなく罰になる

④担当替えという論理的結末
ポテンシャルが高くても ケアレスミスぎ多くクライアントからの苦情で担当替え→罰・片道切符にならないよう担当替えを行う

⑤人事考課に反映させるという結末

第6章 課題を分離し境界線を引く
①人間関係の基本は境界線を引くこと
越えてきたらNOと言う
課題の分離が人間関係の基礎
生じる結果に誰が責任を負うのか?を見極める
課題の分離は冷たく無関心な対応ではない 相互信頼 相互尊敬に基づく→アイメッセージを使って願望として伝える 〜してほしいな

②結末を引き受けるのは誰か?
勉強しない子供にイライラしない→勉強するかどうかは子供の課題、イライラするかしないかは親の問題
このコミュニケーションは建設的かどうかを常に考える
迎合も支配同様に不健全
しっかりNOと断る

③感情に関しても課題の分離を行う
落ち込んでいる時にゲラゲラ笑ってる人を見てイライラする→課題の分離ができていない
陰口を言われても気にしない

部下の感情に責任を負ってはならない
→ある部下に仕事を依頼したが多忙で不平を言われた
→作業の平準化だけでなく部下の能力開発を考慮して依頼した
→結果として不平を言ってこなされた
→熟慮の末に決めたなら部下の感情は部下の課題、仕事の割り当てで部下の喜ぶ・悲しむは上司の責任ではない

④部下を支配しても迎合してもいけない
支配と迎合はコインの表裏一体

⑤上司の仕事は環境を作ること
B=PE     behavior/personality/environment 
部下の行動は部下の性格 能力と上司の作った環境に起因する

無理に水を飲ませることは出来ない
You may take a horse to the water, but you cannot make him drink.